スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙一日目

■禁煙一日目 2007年1月17日■
そもそも何故私が禁煙しようとしたのか。
様々な禁煙本やサイトでは、とにかく「目的をハッキリさせる」ことを重要視していることが多いです。
離脱症状が辛かったときに、その目的を思い出して踏ん張るというのです。

しかしながら、私の場合は一番近い感覚としては「何となく」でした。
実際には、「健康によくない」とか「お金がかかる」とか「部屋が臭くなる」とか
「海外(特に欧米)へ向かう飛行機の中が辛い」とか「最近喫煙者が必要以上に迫害されている」とか、
まぁ、色々な理由はあるのですが、そのどれもがイマイチ決定的ではないのです。
それでも何となく禁煙を始めました。

以前、大学院の二年の頃、一年間禁煙をしたことがあります。
会社に入社し、すぐに喫煙者に戻ってしまいましたが、この際の初期のニコチン離脱症状がきつく、
「せっかくあれだけ苦労して止めたのに、何故また戻ってしまったのだろう…」という思いもありました。
なので、潜在的にはいつも禁煙を希望していたといえます。
今回の禁煙もその延長というか、何か自分でトライしてみたくなったとか、そんな雰囲気です。
果たして、こんな脆弱な理由で禁煙は長続きするのでしょうか…。

参考までに私の喫煙レベルは、大体一日に20本(一箱)程度。
飲み会では2箱以上消費することもありましたし、一日に20本というのは少し少なめにみた数字かも知れません。
勿論20本に満たない日も結構ありましたけれども…。
19歳から32歳まで、上記のような感じで13年間喫煙しました。(内1年禁煙)
ttp://www.nosmoking.jp/game/test01.html
こちらでの依存度は「普通」という評価になってます。

最後のタバコは2007年1月17日水曜日の16時丁度に吸いました。
この時は特に禁煙しようと思っておらず、
従って「最後の一本を大事に吸う惜別の瞬間」という感覚はありませんでした。
その後、1時間もしないうちに、「何となく禁煙してみよう」と思い立ち、
まだ2~3本しか消費していないマイルドセブンの1mgの箱はそのまま会社の引き出しの奥にしまいました。
以降、今のところ、たった一本のタバコも吸っていません。

初日の離脱症状は、映画館にいったことによりだいぶ時間が稼げました。

そんなこんなで、なんとか禁煙一日目を終えることができました。
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

http://chapa.blog20.fc2.com/tb.php/174-384e6474

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ちゃぱ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。