スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ジョブの平均レベル40

■ナイト■
固定でナイトのレベル上げ。
忍ナシ狩赤詩。
ゼオルム火山でカニをやったが、キャンプ地のミスにより全滅等・・・
安定してからはしっかり稼げて、無事63に。

これで、全ジョブの合計レベルが720。平均が丁度40に。

■人60BCトンベリ■
LSで人印章消化のため、BCへ。
当初、アリを予定していたが当たりアイテムの出やすさを基準に、トンベリに。
6戦5勝1敗。最後に油断(?)から全滅・・・。
慣れてきた時が一番危ない。

私のアイテムは大当たり。
パラニンや狩人の装備のために急激に所持金が減ってきたので嬉しい所。
・・・といいたいのだが、出たのがインフィブルトルクとダークトルク。
両方売れば400万以上になるが・・・正直、両方使いたい。
アサルトやメリポで赤をする場合、弱体トルクは欲しいし(今までは誤魔化してた)
暗黒スキル291以上にするためには暗黒トルクも必須となってくる。
というわけで、貧乏まっしぐら。いい加減ヤバい。

■狩人■
ウマイ具合に誘われて、戦戦狩吟青赤。
アーチャーナイフの実戦投入。さすがに当たる。
ただ、このレベルでは弓の方が強いことを確認。
レベル29になりました。

30が楽しみなジョブってのは多いけれども、狩人は中でも特別かも。
JA「乱れ撃ち」、グレートボウHQ、ホーカーナイフ、物理命中率アップ、ノクト装備・・・。
急に強くなりそうな予感。

■雑感■
「重複」が「じゅうふく」で変換できることに軽い驚きと抵抗。
「ちょうふく」だろ。「ちょうふく」。
なんて思ったけど、誤読から始まる読みの変化はわりと健全だ。
極論すれば、言葉というものは「その全てが流行り言葉である」といえないだろうか。
言葉の語源を調べてみると、大概は言いやすいように変化していたり、組み合わせて短縮していたりする。
そこに重要な事件や文化的生産活動があるかというと、殆どの場合はそうではない。
言葉というのは使われるから存在するものであって、使い手の総意によって都合よく変化していってしまうのは必然の流れだ。
現在の変化が進化なのか退化なのかは、その時流の中に身を置いていては判断することはできない。
例えば、「超~」に代表されるように、若者言葉などといわれつつも現在次第に定着しつつある微妙なものもある。
この辺は新しい日本語なのか一時期の流行なのかすら判断がつきにくい。

「かわいい」という言葉が様々なものの評価に使われ、「可愛い」「愛しい」「上品だ」「素敵だ」といった数ある表現をまとめてしまい、日本人の語彙を著しく減退させているという文章を目にしたことがある。
しかし、これは正鵠を得てはいない。
現在「かわいい」というものは過去に例えられた「可愛い」ものとは一線を画す。「可愛い」もの全てが「かわいい」に含まれているわけではない。
つまり、言葉そのものの変質が起こっているのである。とは言い切れず、そういう可能性もある、ということだが。

基本的に人間は自分の地位や価値観を守ろうとする意識が高い。
そのためそれらを普遍的なものと認識し、それに対する変化に対して異常に攻撃的になることがある。
「おかしい」を「風情がある」という意味で使わず「面白い」「奇妙だ」という二つの言葉は内包してしまって使っている人が、「かわいい」に対して攻撃していいのか。
毎日靴をはいて偏平足だったり足の裏が柔らかくなっている人が、「テレビは目によろしくない」と非難してよいのか。
つい最近まで堕落の根源とされてきた「小説」を読んでいる人が、「ゲームは一日一時間」と決めてよいのか。
無知や短慮で、人を攻撃していないだろうか。
古代エジプトのパピルスに記された「最近の若い者は・・・」といった意味合いの文章が意味するものとは・・・?

「うはwww」「ちょwww」が辞典に載るのもそう遠い話ではない(嘘
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

http://chapa.blog20.fc2.com/tb.php/94-c6658cd7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ちゃぱ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。